« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

雨水タンクを備えておく必要があるなあ…

大災害が起こると電気・ガス・水道のライフラインが長期にわたって断絶してしまうことは今回の東日本大震災や阪神大震災であきらか。普段の備えでできる対策を考えると、電気は充電式の照明器具や非常用バッテリーの用意。ガスは電気さえ回復すれば電気機器で賄えるからまあいい。風呂に入りたければ電気式のバスヒーターなどが使えるしね。問題は水。戸建ての住宅なら雨水タンクの設置がいいんじゃないか。そのまま飲用には使えないから、ろ過セットなどを常備しておけばいい。雨水タンク設置には補助金も出るし、貯めた雨水を普段は車洗いや庭の水やりなどに使える。やっぱり生きるのに水は不可欠だからね。まあ今回のような大津波での家屋流出は想定外ということになるけど。

|

ポータブル放射線測定器を買うべきか?

放射能汚染とは、まったく厄介なことが現実になってしまいました。今のところ拡散して微量のようだから無闇に騒ぐのは良くないと思うけど、目に見えないものだけに怖いといえば怖い。特にホーレン草や牛乳などの食品はねえ。やっぱり自分で確かめてから口にしたい感じはありますね。携帯用のガイガーカウンターが6万円くらいから売ってるようだけどどうするか。ホンマに必要となった時には全部売り切れになるんだろうから買うならいまのうちか。先日、健康診断に引っかかって胸部CTを受けたけど、あれ6500マイクロシーベルト/時も被曝してるんだってね。その数値を思えば必要ないかな。

|

被災地でソフトバンクの復旧が早いという評判

震災関連のツイッターなどを眺めていると、ソフトバンク携帯の復旧が早いというカキコミが目立つ。実際のところは現地にいるわけではないので確認できないけれど、孫社長の号令のもと、ココが勝負と頑張ってる結果なのかもしれない。アイフォンやガラパゴスの投入をはじめ、光の道構想などでドコモの牙城を切り崩そうとするソフトバンクモバイルの高いモチベのあらわれかもしれない。まあインフラはサービスの競争だから、そういうアグレッシブな姿勢は買ってもいいと思うな。

|

災害情報入手にスマートフォン必須の時代ですね

このたびの震災は情報の入手方法が大きなポイントになりましたね。停電時の情報入手に多いに役立ったのが携帯電話やスマートフォンによるユーストリームやニコニコ動画でのTVニュース視聴。まあ停電での充電切れがウィークポイントですけど、ポータブル ソーラーチャージャーなんかとあわせて持っておくと安心ですね。タッチパネルのスマホはキー入力がしにくいのでいままで敬遠してましたが、フルキーボード付きの端末も次々と登場してきたので、サバイバルのためにも持っておこうかなと思う今日この頃なんでありますよ。

|

空気清浄機は放射能対策に有効か

放射線物質は目に見えないから恐ろしい。空気中に拡散して皮膚や髪に付着したり吸い込んだりすると被曝して危険なんですね。だから室内で待機する場合は部屋を密閉してエアコンや換気扇を止め、室内に外気が入らないようにするんだけど、そうしていると室内の空気は悪くなる一方。煮炊きなどするとなおさらで、こんどは一酸化炭素などで健康を害することにもなりかねない。

それを考えるとインフルエンザやダニ・花粉、タバコのにおいなどを除去する空気清浄機の運転は有効だろうと思う。素人考えだけど、多重フィルターを装備した加湿空気清浄機はあるていど有効だと思う。外出する時にマスクを使うように放射線物質が体内に侵入する前にフィルターに吸着させることができると思うから。放射線物質を吸着したフィルターの処理方法は専門家じゃないからわからないけれど。ただしイオン発生器のみのタイプの空気清浄機はフィルターが付いていないから、放射線物質対策にはあまり役にたたないだろうと思う。フィルター付き空気清浄機を持ってる人は稼動したほうがいいんじゃないかな。

|

非常用のバッテリー電源はどうやって買うのか?

未曾有の大災害に見舞われた日本。いろいろ文句は言いたくなるけどそれは事態が収束してから振り返ればいいことだと思う。とにかく今は自分と自分の周りの人間を護りながら社会に貢献してゆくしかない。しかしいざ停電するとなると今の暮らしがなんでもかんでも電気に頼っているのが身にしみて分かる。停電にも、キャンプ用のポータブル電源を持ってると計画停電などのときにかなり頼りになる。ソーラーチャージャーも然りだ。アウトドア趣味のグッズやノウハウも災害時にはけっこう役に立ってくれる。

|

胸肌の手入れが入念な女性はエライと思う

女性には余計なお世話だと言われるかもしれないけれど、スキンケアは顔に集中し過ぎですよ。でもオトコってのは顔は案外気にしないというか、常にそこそこ手入れがされてるもんだから、そんなに注視しないんですね。電車やエレベーターに乗ってたりするときに目がいくのは襟ぐり、背中や胸元ですね。スケベだから(笑)。ところがそのあたりは自分で常にチェックできないでしょ。たまに、うわっ!と声が出そうになる人います。そのあたり、十分ケアしといたほうがいいですよ→バストと背中の簡単スキンケア方法。まあ老婆心ですけど。

|

日立の保湿サポート美顔器が人気だって

先日モバイル美容家電のことを書いたところなんだけど追加で。日立からでてる保湿サポート器のハダクリエっていうのが最近の人気製品なんだそうだ。これは専用の化粧水や乳液の必要がなく(ま、ほかのもホントはそうなんだけど、リピート売りしたいから専用のを使えって言ってるんだと思うね)、自分がいつも使ってるコスメで良いらしい(ま、機関車まで作ってる重電の日立だから細かいこと言わないのかな)。1万円くらいするんだけど使用感の評判が上々のようなので、いちおう書いておこうと思って。

|

プロジェクター付きビデオカメラは便利だなや

ソニーが新発売したビデオカメラにはパコンと開く液晶モニターの裏っかわにプロジェクターが付いてる。プロジェクター付きのデジカメはすでに出てたし、モバイルプロジェクターも多数発売されているけど、やっぱり撮ってすぐみんなでムービーが見られるという点ではビデオカメラに付いてこそ一番使い勝手がいい→SONY HDR-PJ20。しかしどうして今までどこも出さなかったのか。技術的に難易度が高かったのかな。仲間とのレジャーなんかでビデオ係をやると手が塞がって楽しめないのに、あとで見られる機会なんてめったにないもんだからね。どこでも白い壁があれば見られるから便利だねコレは。

|

ソフトバンクの学割に乗っかってオヤジもアンドロイドに

ムスコの入学祝いにスマートフォンをねだられて困ってる。それでなくても家族全員のケータイ通信費がうなぎ登りで閉口してるのに何か良い手はないものかと物色してたら、ソフトバンクが5末までやってるホワイト学割というのがあって、同時契約すれば家族の基本料も無料になるそうだ。基本料無料でも月千円程度だからしれてると思いきや、一人アタマ3万円キャッシュバックされるMNPキャンペーンと学割を併用することもできるらしい。うーんちょっと揺れる。オヤジだって3Dアンドロイドを使ってみたいもの。どうするか。

|

モバイル美顔器って必要なのか?

女性をターゲットにした家電製品が増えてますね。なかでもモバイルできる美顔器ってのが人気みたい(→携帯型美顔器比較)ですけど、美顔器なんてもともとそんなに大きいものではないし、簡単にモバイルされて電車で堂々と使われても困るんですけどねえ。携帯電話みたいなボディからシュッと美容液が出たりする。あの潤いケアってのは洗面所で顔を洗ってなんか塗るだけじゃダメなんでしょうか。頼むから自分のデスクか部屋でやってね。

|

LED電球ってちょっと暗いんだよね

白熱電球型のLED電球がどしどし発売され、価格も手頃になってきたものだから寿命が来た電球からLEDに交換している。でも実際使ってみるとやっぱり白熱電球より暗く感じる。これLED光の直進性のせいなんだろね。横に広がらないから暗く感じてしまうのだ。電気代も少なくて済むし、20年も持つらしいし、熱くならないからいいんだけど、もうちょっと明るく…と思ってたら、光が横に広がるタイプのLED電球が発売されるらしい。ああもう買っちまった暗いのはどうすんだ。10年も20年も切れないなら一生このままだなあ。

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »