まあ皆さん聞いてください

看護師さんの制服って仕事しにくくないのか?

この3年で2回も入院した。トータル1ヶ月くらいだから大したことはないのだけれど、24時間の点滴は動けないので精神的にかなり堪えた。当然コミュニケーションはナースとがほとんど。話をしていて看護師さんの過酷な仕事ぶりには頭が下がる思いだけど、あの制服、仕事しやすいデザインだとはどうしても思えない。さすがにスカートをはいている看護婦さんは少ないけど、とても動きにくそうで、毎日肩が凝るのではないだろうか。病院によってデザインや待遇や違うのだろうが、病院の制服で転職する看護師もいるんじゃないかと思うな。

|

被災地産のお米を買うべし

ブランド米をネットで買おうと物色していたら、福島県産の新米が非常に安く売られているのが目立った。22年産の新米ひとめぼれ10kgが2980円なんてのがある。これ原発事故の風評被害による価格設定なのか。だって22年産ならまだ放射能漏れてないもんね。激安なんで喜んで食べますけど、福島の農家の人はタイヘンだなあ。こんなに割引してたんじゃモトも取れないだろうに。すべての名産品や観光地がこんなありさまじゃ、被害も相当な金額になる。国や東電はどう落とし前をつけるのか。

|

FXで儲けている友人が…

FXで儲けているらしい友人に,外国為替ってこんな円高続きでも利益がでるのか訊いてみたところ、それなりに稼げるんだそうですな。やたらと世間がFX、FXとかまびすしいけれど、そうそう儲かるコトがあるわけないとマユツバに思っていたけど、確かにレバレッジがあるせいでメリットはあるよね→初めてかじるFX。ただしリスクも大きいからスワップポイント狙いで小さくじっくりせめて見ることにするかなあ。

|

宝くじを当てたいのだがなあ

もう宝くじ当てるしかない。でも当たらん。他のギャンブルとかに比べてもあんなに確率の低いモノないからね。なにせ1000万分の一でしょ。でも当籤金に税金がかからないし予想の必要もなくて魅力はあるんだよね。実際、当たってる人はいるんだからねえ悩ましい。よく当たる人気売り場ってのも結局発行数が多い分当たり本数が多いわけで確率は一緒。買い方本なんかもホンマに気休めだよねえ。しかしハズレるとわかってても買わないとあたらんし。なんか良い手ないのかなあ。ジャンボ宝くじ買い方プチ情報←ほんまにプチやなあ。ドカン情報なんかどこにも出てないなあ。

|

最近のオークションサイトは射幸心を煽るね

不景気で、欲しいものがあってもなかなか買えない。おサイフの紐を締めないわけには行きません。だってこの先もっと酷くなるかもだから。遊びもほどほどに、モノも買えないというのは結構ストレスが溜まります。そんなご時世に目をつけたように乱立してきたのが、新感覚オークションサイト。今までのオークションと違うのは、主催者から出される保証付きの新品を会員が競って落札するというところで、ウエブを上手く使ったゲーム的なものに作ってるところ。10万のものが千円で落とせるというんでかなりの人気みたいだ。まったくうまく考えるもんだなあ→ゲーム感覚で激安落札のオークションサイト

|

転職サイトが看護師・医療系に殺到中?祝い金など高待遇ラッシュ

もはや就職・転職・求人メディアは、新聞広告からネットの就職サイトに集約されてしまったような感がありますけど、この長い景気の低迷で、企業の求人需要もそうそう伸びてゆきそうにない。そこにきて社会の高齢化が進んできたものだから、看護師をはじめとした医療系の有資格者が引く手あまたになってきたようだ。一般職の採用市場に頭打ちを感じた転職サイトが右へならえと医療系の専門サイトをたちあげ、非公開求人情報や転職成功後の祝い金・支援金の支給など高待遇をうたってさかんに登録数を争っている。これからは医療求人の時代ということみたいですな→看護師の求人情報サイトを比較する

|

もう宝くじしかないんかなと思う

けれど、当たりませんね宝くじは。買わないことには当たらないから、ずっと買い続けてきたけど、一万円が2〜3回当たったきりで、高額当籤は皆無です。千円とか三千円とかだと思うから買うけれど、買うたんびに胴元に九割持ってかれてるから、積み重なれば相当の寄付ですよ。街で見かける、宝くじで個導入されたクルマや施設をみるたびに、自分の名前を署名したくなってしまう。なんかええ方法ありませんのかいな? 宝くじの買い方豆知識とか見ても、結局元手を出さないとはじまらないから、あきませんな。

|

プロに自分のポートレートを撮影してもらう

あなたや大切な人のベストな写真って持ってますか?
案外ないんですよね。
でも、突然ボカンとクルマにあたっちゃったり
ガンに侵されてることが分かったりすることも
ないとは言えないし
元気な時にとっておきの写真を常に押さえとくのが安心。
とくに両親なんかはね。
面と向かって言いにくい話だけど
万一なんてことがあったら
いまある写真がその人のメモリアルに
なってしまうわっけだもの。

大阪・北摂地域なら
プロのフォトグラファーが出張費無料で
ポートレート撮影してくれるサービスがある。
↓ココ
E-a photo 大阪 北摂

|

防災グッズのチェックを

9月が近づいてくると防災意識が高まってくる。

我が身が阪神大震災に遭遇していながら
いまだに関東大震災ゆかりの日のほうに
意識がいくのは不思議な感じだけど、
子どもの頃からの擦り込みなんで仕方ないか。

またぞうろ新型インフルエンザの感染が話題になってきたし
巨大地震やゲリラ豪雨も、明日来てもおかしくない感じ。

景気もさっぱりだし、選挙も頼りない政党ばっかりなんで、
こりゃ自分の身は自分で守るしかないかな、と。

んなわけで、防災グッズを物色中。
ざっくりしたものはセットで買っておいて
自分が便利だと思うものを追加して行く買い方だ。
  ↓
防災グッズ 必要なものリスト
新型インフルエンザ予防マスク価格比較

|

何を喰うか

ああ安くて美味い米はないもんかと思ってたら北海道米がおトク!らしい。ところがなかなか近所には見当たらない。やっぱ通販だな。となるとついでにプロバイオティクスと乳酸菌なんかもまとめて注文しておいたほうがおトクだし、出費がかさみますなあ。全くないけどおもしろいネコのおもちゃをみつけた。大袈裟な猫じゃらしだけど、シャカシャカ通り抜けという。ヒトさまのしけた遊園地にも同様のものがあって、貧乏な父親は重宝したもんだが。あれで生地に擦れた子どものやけどの応急処置をしたんだよね。

|

より以前の記事一覧