エコ・節約

ホットカーペットの電気代対策をせにゃ

わが家のプチリフォームをして初の冬だ。全床をフローリングにしてしまった(畳は高い)もんだから、足がかなり冷える。まあ電気ホットカーペットで凌げばいいやと思ってたら、原発事故で節電だ。いくら省エネ製品と言え、ヒーター入りの暖房器具はそれなりに電気を喰う。それにカーペットてのは、座らなければ足裏一点暖房みたいなもんで効率が悪い。そこでこの冬はスイッチオフでいくことにした。かわりに新素材を使った、蓄熱ラグや発熱マットを、重要地点に配して凌ぐことにする。ま、自分の体温で暖房するわけだから、こんなにムダのないことはないわね。

|

野菜が高すぎる!何処で買えば安く入手できるか

ぐわあ!野菜が高騰してるではないか。スーパーへ行っても葱や白菜が一束買えない。ほとんど東電のせいだなこれ。全く腹が立つ。少しでも安く野菜が買えないかといろいろ回ってみたが、意外にデパートの食品売り場に安い野菜が並んでいた。流通がスーパーと異なるのかどうか知らないけど、とにかくデパ地下は要チェックだ。あとはネット通販の「わけあり食品」をこまめに探すこと。野菜の出品は少ないけれど、高級食材が激安販売されてるので、食生活貧弱化のストレスを解消できるのがいい。

|

家庭用の風力発電機で出力1000Wのもあるんだね

電力の供給不足で急に注目を浴びることになった自然エネルギーの利用。資源のない日本なのにイマイチ普及が進まんと思っていたが、フタをあけてみりゃ因業電力会社の利権保護のせいだったわけだ。東電屋がお代官様と癒着してやがる。おぬしも相当の悪じゃのう。でもまあ原発事故以来少しは改善されそうな雰囲気も出てきた。まだまだ根強い抵抗はありそうだけどね。でもお家の屋根にソーラーを載っけようとすると250万はかかる。なら風力発電はどうかというと1000Wの発電機で140万程度だそうだ。このくらいの出力があれば電力会社への売電も可能だし、設置に補助金の出る自治体もある。夜でもも風車は回るけど風は文字通り風まかせだから、太陽光とのハイブリッドにしないと発電量は安定しないだろう。そうなるとやっぱり200万くらいはかかるのかなあ。

|

何!ソーラーシステムが資金ゼロで設置できるって?

住宅の屋根に太陽光発電システムを載っけて、わが家の電力をまかないたい。あわよくば売って儲けたい。原発は廃止したい。自然エネルギー中心の国にしたい。なんて理想は膨らむ一方ですが、ソーラーシステムって300万くらいかかるんですね。家のローンもあるしとうてい無理無理なわけなんですが、新たな費用0円でソーラーを設置する方法があるという話。どうするかっていうと、住宅ローンを低金利のローンに借り換えをして、できた差額で太陽光発電システムを購入するという方法。可能かどうかは現行ローンの条件にもよるんですが、なるほどこの手があったか!と目からウロコ。

|

住宅用ソーラーシステムは今が「買い時」という理由

震災と原発事故以来、イッキに注目が高まった太陽光発電。こうなりゃ迅速に普及させるに越したことはないんだけど、電力会社保護の法律とかがあって、余剰電力を売って採算が取れるのかどうかギモンも多いし、もうちょっとソーラーシステムの価格が下がるまで「待ち」がいいと思うんだけど、実はそうじゃないみたい。なんでかというと、太陽光発電の普及が進むにつれて、どんどん電気の買い取り価格や補助金の額が下がってくるから、かえって償却に時間がかかってしまうと。だから今が「買いどき」なんだそうだ。なるほどね。

|

冷暖両用のパッドじゃないと不経済

ひんやりグッズで興味のあるのは大袈裟なタイプのベッドパッドですね。冷感ジェルパッドみたいなのは来年になると効果がなくなりそうなんでパス。そんでもって収納場所がないんで冬も暖かく使えるタイプがいいです。たとえばフランスベッドの冷暖四季パッド ウォーターサイクルとか。お値段少々張りますけど、一夏きりよりは経済的でしょう。手軽なところでは、濡らすと冷たくなるタオル チリーパッドですかね。これなら2000円で何回も使えますからね。

ブログネタ: ひんやりグッズ、使ってみたいのは?参加数

|

ひんやりパッドは冬夏両用のがいいね

今日は少々涼しくて助かるけれど、まったくエアコン我慢の夏はタイヘンですな。昔は家にエアコンなんかなかったから、どってことなかったんだけどね。建物の室外機やクルマから熱が排出されて街全体が暑くなってるに違いないから、この夏はいい社会実験になります。とはいえ熱帯夜をどう過ごすか。扇風機とひんやりマットが手軽かな。でも冷却ジェルとかのマットは冬仕舞っとかなきゃならないし。だんだん冷却能力が下がってくるらしいから、夏・冬両用の温度調整可能パッドがいいね。それも洗濯可能のヤツが。

|

タオルを冷凍庫に入れといて首筋に

あぢぢぢ…。ウチのエアコン、新触媒後のモデルなんですけど、冷房27℃と28℃設定の間に大きな差がありまして、お上のお達しの28℃にすると全然冷えんのであります。古いフロンガス使用のエアコンは良く冷えるのになあ。てなわけでデスクワークの後頭部が汗みどろ。そこで濡らしたタオルを冷凍庫で冷やし、適当なところで取り出して当ててるんですが、冷たいのが一回きりなんで超面倒だと思ってたら、なんだか便利なハイテクタオルが売られてるんだそうで。チリーパッドという製品で、濡らすだけで1〜4時間も冷えが持続するそう。まあ冷凍庫のキーンという冷たさはないけれど、いちいち冷やさなくていいから合理的ですな。

|

ひんやり寝具はどれを選ぶべきか

原発事故で節電です。なんか今年も猛暑みたいだけど、まあ今まで贅沢にエアコン使い過ぎだと思ってたからこれもいいかも。あの室外機の熱って相当なもんですよ。街中がエアコン節電すれば、空気全体が多少は涼しくなるのでは。そっちの社会実験のほうに興味あります。で、暑さ対策。熱帯夜にエアコン節電するとなると、最近はやりの冷感寝具に頼るかなと。でもあの冷却ジェルって重いし嵩張るし冬は厄介。軽くて小さくて汗をかくから丸洗いできるできるのがいいと探したところ、結論としてコレが良さそう。浅田真央ちゃん御用達、エアウィーブのクールバージョン。シンプルなのがいいす。

|

ソーラー住宅にしたら補助金いくら?

もう原発増やすのはイヤだよね。このまますみやかに廃炉にしていって自然エネルギー先進国になるべきだ。電気が足らんというけど、個人が勝手に発電していくらでも自由に売れないから太陽光発電が普及しないんであって、商売になると思えばすぐに普及するはず。原発事故を契機にいまこそ電力販売の縛りを解放するべきですよ。今、ソーラー住宅にしたら国の補助金は1kwあたり50000円弱だそうだけど、条件や上限が設定されているから最大でも50万程度にしかならない。設置に200万近くかかるのに補助金が4分の一程度じゃあなかなかね。やっぱり自由に売買できるようにしたほうが速く普及すると思うな。

|